別荘地を選ぶ

別荘地にはいろいろなタイプがある。

別荘で不動産投資を始めるなら、まずはどんなタイプがあるのかを知ろう。最近はログハウスに投資してみようかと管理人は考えているんだが。
また、調べている時に賃貸物件にも手を出そうかと考えているんだが。どう思う?

別荘地を選ぶ時には別荘地から選んだり価格で選んだりする。それらによる分類だけでなく、他にも分類されているようだ。
分類のされかたとして「開発手法」、「開発事業体」、「成熟度」、また「権利関係」なんかでも分類されるようである。素人からみるとややこしいものである。この四つの分類についてみていこう。

この分類を知ることで、これから別荘を選ぶのに役立てることが出来るはず。なんとなく欲しいけど具体的な条件なんかが決まっていないという人も多いはず。

例えば、落ち着いた静かな場所で癒されながらゆったりと暮らしたいという目的が多いと思うが、そんな方は「純別荘地型」で「成熟期」の別荘を選ぶのがいいだろう。
また、一人や二人での利用ではなく、子供連れの家族と一緒に過ごすのが目的の方は「複合リゾート型」で「発展期」の別荘がオススメだそうだ。発展期でなくても「成熟期」でも良いとある。そして、これから先の人生をゆったり静かに暮らしたいと考えている方は、「純別荘地型」で「大手不動産会社系」の別荘か、「リゾート専門会社系」で、「発展期」かそれ以降の別荘がオススメのようだ。

別荘地を選ぶときにはなかなか現地に足を運ぶことができなくて、どうしてもチラシなどの広告から情報を集めることになる。そんな広告からでも十分に情報を得ることができると思うが、現地でしか確認できないような情報も少なくない。体に直に伝わる感触はとても大事。自分にとってその別荘が本当に合っているかどうかのポイントになるはず。なので一度くらいは現地で確認して決めて欲しい。

開発手法でみる

開発手法で別荘を調べるということはどういうことだろうか。それはつまり別荘地の環境である。別荘地がどんな場所にあって、周囲にはどんな環境があるのかなど。共有施設や、自然の景色などがある。

開発事業体でみる

開発事業体の違いは別荘地の管理の体制がどの程度か、また土地の権利関係について、そして土地の価格の違いについてを判断できるところで、ここが重要なポイントになっているようだ。

成熟度でみる

成熟度というのはその別荘地をとりまく環境、状況がどの程度整っているか、発展しているかということ。管理サービスや、周囲の街並みの美しさ、活気など、そこでの生活環境がわかってくる。

権利関係でみる

一番ややこしいのがこの権利関係だろう。難しそうな言葉や書類なんかがたくさんであまり考えたくないというところだが、これについてもしっかりと考えておきたい。別荘の権利というと所有権と借地権に分かれているようだが、どちらが安いかは、それぞれの価格に毎年の借地料×利用年数を加えて比較するとある程度わかりやすいようだ。

立地条件は使い勝手を決める大切な要素

車で3時間圏なら毎週末でも使いたくなる気軽さ

東京に住んでいて、別荘を沖縄や海外なんかに所有しているのもカッコイイものだが、少しレベルを落としてもっと一般的な考え方だと、とても頻繁に利用できないものである。

やはり別荘にはすぐに向かってゆっくり休んですぐに帰ってこれるのが良い。自宅が東京あたりなら別荘地へは2〜3時間以内に到着できるのが目安になるとされている。このくらいで到着できるのがあまり負担を感じずに別荘を気軽に利用できるポイントになっているようだ。

確かに遠く離れた地にあっても最初は気にならないかも知れないが、月日が経つと、利用のしにくさが大きくなってくる。せっかく別送を購入したんだからずっと長く楽しみたいので、この程度の距離が妥当のようだ。東京から離れるほど、一般に自然の豊かさと非日常性がより高まり、価格も下がってくるが、それにともない滞在できる時間も短くなる。

市場とDIYセンターでリゾートライフをさらに楽しく

別荘地の周辺には何もない、自然だけの環境も素晴らしいものだが、店舗や施設が近くにあるのも楽しめるし、快適さもグッと上がる。大工道具や、園芸なんかの商品を幅広く揃えてあるDIYセンターはとても人気がある。そこで買い物をして別荘でガーデニングや菜園を楽しんだり、自分でできるくらいの修理なんかもできる。

また、魚や野菜といった食料が手に入るスーパーなんかが近くにあるとこれもまた楽しめる。友人知人を呼んでパーティなんかで盛り上がるはずだ。これも別荘の楽しみ方である。

別荘地での生活がある程度まとまった長い期間や定住を考えているなら、病院や役場なんかが近くにあると良いだろう。子供もいる場合は学校も近い方がいい。


癒しの水とゆったり温泉が別荘地の魅力を上げる

何といっても水だ。水が美味しくなければ別荘の魅力も激減する。美味しい水があってこその別荘ライフである。有名な別荘地は水も美味しい。山の中にある別荘地には美味しい水の水源の近くに建っていることが多いようだ。

また、水が美味しいというのは、その場所が綺麗で澄んだ場所と言える。なので、美味しい水のある別荘地は環境としては素晴らしい場所であることがわかる。環境を一番に考える方は水の評判で参考にできるだろう。

美味しい水とくれば、お風呂である。別荘でのお風呂も楽しみの一つだ。別荘でしか味わえないようなお風呂はとても魅力。水が美味しい場所のお風呂の水も良い水質となる。ただ、気をつけたいのは、温泉は場所が少しでも違うと泉質は大きく違ってくるようなので、必ずしも美味しい水=良い泉質とはならないようなので注意しておこう。


pickup

名古屋の声優養成所おすすめランキング

ページトップへ