別荘を選ぶ 2

別荘の将来的な価値を決めるポイントを見る

一般的に有名な別荘地には、別荘そのものの価値を更に高めるような要素がいろいろとあるようだ。
どういうことかと言うと、その場所が「人気の場所」かどうか、その別荘の「コンセプト」、そして別荘の今後の「分譲計画」と、別荘の「管理体制」など。これらのポイントを調べてみると、狙っている別荘がどれくらいの価値なのかが見えてくるはず。

人気の場所

まず、その1は「人気の場所」かどうかということについて。

人気が高く人がたくさん集まる場所の別荘は多くの人に注目される。それは別荘の需要が高くなることになり、それだけで別荘の価値が上がる。

別荘地の開発コンセプト

つぎに、別荘地の「コンセプト」については、その別荘がどういう目的を持って建てられたのかということ。別荘の開発コンセプトもいろいろで、とにかく安さ重視で建てられた別荘もあるし、環境保全や定住者向けに建てられた別荘地もある。価値が高いのはもちろん後者の方で、将来を考えて建てられているのが重要なポイントになる。

今後の分譲計画

その3は今後の「分譲計画」だ。新規の分譲がすでに終了していて、仲介なんかも他の業者に任せるような別荘地というのは価格がグラグラで安定せず不安定になる。

それよりも、将来も分譲の計画があれば、その土地の価格は不安定にはならずある程度保たれると考えられる。

また、別荘までの交通が不便で周囲の環境によっても価格は低くなる。

しかし、そんな利便性や価値を追求した考え方で別荘を選ぶのだけが正解ではない。あくまでも自分の価値観が大切。、交通は不便で草木は生い茂っていて、景色もそれほど良くはない。さらにお店などの施設もない場所でも、この静かで落ち着いた雰囲気や人の手が入っていないような別荘地もとても素晴らしいものである。

また、別荘は小さくても駅から歩いてこれるような場所なら定住するのが目的なら利便性も高いのでその人にとっての価値は上がる。一般的には一見マイナスの条件のようでも、価値観の違いによってそれがプラスになったりすることもある。

管理体制

別荘の管理サービスは一番重要なポイントになっているようだ。

別荘地での住みやすさはこの管理体制によって大きく左右されるとなっている。
管理体制というのは、別荘地の自然環境、道路、街路樹や、上下水道などの施設など多岐にわたるが、これらの管理がしっかり行われていたとしても、これから先もずっと継続して管理されるかどうかは、管理体制によって違ってくるようで、管理は最初だけで手付かずになるなんてことになる可能性もあるようだ。なので、別荘で快適さを求めるには管理が十分に充実しているかがとても大切なのだ。

具体的に管理ってのはどんなことをやるのかについて調べてみると、管理の基本としては別荘を留守にしているときの維持となっているようだ。そして、万が一のときの緊急のサポートなどもあるようだ。そこからオプションでいろいろなサービスがあるようだ。

管理をお願いするにあたって、どこまでのサービスを受けられるかについて

それについては、大きく三つに分かれるようだ。

まずは、別荘用地の範囲までのサービス。敷地内の自然を維持したり、敷地外との境界線も管理するようだ。災害などで木が倒れたりした場合なんかは通報もしてくれる。このサービスは別荘が未建築の場合でも受けることができるようだ。
建物への管理としては別荘を留守にしている時のパトロール、上でも紹介した災害時などのときの対応などで、これらは最低限のサービスである。鍵の保管もしてくれるサービスもあるようで、意外と便利らしい。急にふと別荘に寄りたくなったときなんかに。

そして、環境を守るというサービスとして、別荘地全体の共益に関する管理がある。別荘につながる道路や水道などが故障などが起きていないかを管理して、維持と清掃をする。公園なんかも管理してくれるそうだ。更に、ゴミの回収もしてくれる。これは重要なサービスで、ゴミだけじゃなく降雪地域の除雪も行ってくれるので欠かせない。

check

勤怠管理システム

ページトップへ