別荘を建てるまでのポイント

冬にも別荘を使うときに気をつけること

最近の別荘は冬場での利用も増えてきているようだが、冬場での別荘は暖房の対策を考えることがとても大切だ。
一般的に、冬場の別荘地では床暖房とストーブを組み合わせて暖房をするのが多いようだ。ストーブ以外にも暖炉を使うこともある。
窓ガラスにも対策をしておきたい。また、室内と外の気温に差が大きくなると結露が窓に発生してカビになる原因なる。

工事を始める時期

まず知っておきたいことして、軽井沢では、7月15日〜9月15日の間は規制期間になっていて別荘を建てることができない。
もし軽井沢に別荘を考えている場合には、この規制期間を理解したうえで建築計画を立てるといいだろう。なるべく夏までに土地を見つけて計画を立て、規制期間の過ぎてからすぐに工事を始めて春に別荘が完成するというのが一般的な流れとなっているようである。

着工開始の際に注意しておくこと

なかなか忙しくて別荘の建築現場に向かうことが出来ないことが多いことだと思われるが、なるべく現場へ様子を見に行った方がいいようである。というのも、自分のイメージしている別荘と若干違ってくることがどうしてもでてくるようなのだ。土地が傾斜している場合なんかは特に多いようである。

堀や門を建てるときは

別荘地では、一般の住居のように割としっかりした塀や門を構えていることが無いようである。

その理由としては、別荘地は自然のなかにあるものなので、樹木や石、丸太などを使って塀や門を造っていることが多いようだ。街の住居のような家を建てたなら別荘の醍醐味も薄れてしまうことだろう。なるべく自然が身近に感じられるような別荘が望ましいところ。なので、別荘の外観もあまり派手なものにしないようにしておこう。

庭に木を植えるとき

軽井沢を例にすると、モミやカラマツ、などがオススメのようである。より別荘らしさが出てくるらしい。カラマツは屋根の上に落ちることがあるようなのでそこには気を付けておこう。また、栗の木やモミジなども植えておくと、秋になると一層楽しめるようだ。別荘地の植木に関してはいろいろなものがあるようなので、興味のある方は調べてみるといいだろう。


recommend

法人向け電話代(通話料金)コスト削減できる業者を厳選紹介!

ページトップへ